結婚式のスタイル、神前・教会式などが人気

結婚式は結婚の誓いをたてる式。この人と結婚しようと決めたら、結婚式をどうするかが最初のステップです。結婚まで至る道がカップルそれぞれで異なるように、結婚の誓いをたてる式のあり方にも、いろいろな選択枝があります。最近は海外の教会で結婚式を挙げる方も多くなりました。一方で、日本独自の結婚式のスタイルも静かな人気をよんでいます。

 

代表的な結婚式のスタイルをあげてみました。

 

「神前結婚式」
現在日本で行われている、もっとも一般的な結婚式ではないでしょうか。雅楽の「越天楽(えてんらく)」の調べにのって入場し、三々九度を交わして結婚の誓いをたてます。歴史は意外に新しく明治時代に始まったものらしいです。大きな神社での式をのぞいて、参列者は親族のみに限られることが多いです。

 

「教会式(キリスト教)結婚式」
カソリック系とプロテスタント系があります、カソリックで式を挙げるのは信者に限られていますので、普通はプロテスタントで結婚式をあげることになります。美しい賛美歌のなかで、多くの友人、親族に見守られながら、映画の一シーンのような結婚式が挙げられます。

 

「仏前結婚式」
家族の仏壇に結婚を先祖に報告し、仏の加護を願う式です。日本に古くからある結婚式のスタイルです。自宅で行うほか、由緒ある有名寺院などでも式を挙げることができます。

 

「人前結婚式」 
神仏に結婚の誓いをたてるのではなく、家族や友人・知人たちの前で結婚の誓いをたてる結婚式。結婚するふたりが自分たちで計画をたて、個性的な結婚式に演出できます。また、司会など進行係をプロに依頼することも可能です。