結婚式のスピーチ、良いスピーチとは?

結婚式のスピーチは、新郎・新婦の幸福な門出を祝うおいしいご馳走のようなものです。

 

気の利いたスピーチや楽しいスピーチは、式の会場をなごやかなものにし、結婚への明るいイメージを作り上げます。また、新郎・新婦のどちらかをあまり知らない出席者にとっても、なりそめや、結婚にいたる出来事、特技などふたりを知る良い機会となります。結婚式では、明るい前向きなスピーチでふたりの結婚を祝ってあげたいものです。

 

良い結婚式のスピーチとはどのようなものでしょうか。経験から少しまとめてみました。

 

(1)長すぎない。結婚式の緊張をほぐし、心地よいリズムを作る3~5分が適当です。長々としたスピーチは聞く人をうんざりさせてしまいます。結婚式そのものへも悪い印象を与えかねません。

 

(2)マイナスの言葉や暗いニュースは使わない。
「別れる、割れる、切れる、離れる、壊れる」など禁句ワードもチェックしておいたほうが良いでしょう。

 

(3)出席者全員に伝わるエピソードをひとつ選び、お祝いの言葉を必ずいれる。
面白おかしいスピーチもいいですが、ウケをねらって主人公である新郎新婦より目立ってしまっては意味がないですよね。また、よくばったスピーチより、ひとつでも心のこもった温かいスピーチのほうが結婚式には似合います。あくまで主人公である新郎新婦をほめたたえ盛り上げてあげましょう。

 

原稿ができたら、頭の中で結婚式でスピーチする流れをシュミレーションをしておくと結構楽にできるのではないでしょうか。後は、自信をもってスピーチすることです。