結婚指輪、人気の宝石・ブランドなど

結婚指輪は、結婚後ふたりで身につける指輪。挙げる式のスタイルによっては、指輪交換の儀式で必要になることもあります。男性が女性にプロポーズする際に贈る婚約指輪は、給料の3か月分といわれるように、高価な指輪なことが多いですが、結婚指輪は結婚するふたりのライフスタイルによって幅があります。

 

婚約指輪同様、高価な指輪を選ぶカップルもいれば、数千円の指輪を選択するカップルもいるようです。どちらの結婚指輪にしても、愛情の深さは値段では測れないということの現れでしょうが、平均的に選ばれる結婚指輪は10~15万円、次に5万円前後のことが多いようです。

 

指輪の素材は、人気の点から言うと純度90%以上のプラチナがダントツでトップです。続いて18金ホワイトゴールド、18金ピンクゴールドと続きます。結婚と指輪で連想するダイヤモンドはトップ3には上がっていませんが、小さなダイヤモンド粒をあしらった指輪は、女性に根強い人気があるようです。

 

また、数千円台で買えるシルバー素材もあります。結婚指輪で人気のブランドは、ティファニー、カルティエ、ブルガリ、4℃などがあります。また、結婚指輪を手作りの指輪にしたり、オリジナルデザインの指輪をオーダーメイドで仕上げるカップルもいます。既製品の指輪であれ、手作りの指輪であれ、結婚するふたりと同じように世界にたった一組しかない指輪であることに変わりはありません。